足浴のススメ♬

あなたの幸せピカリと光ってますか❓

幸せピカリ✨グレードアップさせる幸せ専門家ひかりまデス♬

突然ですが、足浴って聞いたことありますぅ〜❓

私、よく患者様、おじいちゃん、おばああちゃんにやるんですけど、めちゃ喜ばれます😄

方法は簡単❣ なのに、素晴らしい効果がたくさんあります✨

今回は、1度で10回くらい美味しい((^_^;)?)足浴についてお話しまーす。

足浴って?

まず、【足浴】ってなんぞや❓

ってとこからですが、「足浴とは足だけ浴する。つまり、足だけの入浴のこと」ですね。(そのままですねー😄爆)

もう少し詳しく…

足浴は、病気などによる何らかの理由があって、普通にお風呂に入ることができない場合、足だけのお風呂に入る行為です。

いわゆる【部分浴】で、体の一部だけお湯につける入浴方法のひとつ。

足浴の他に、「手浴(手の入浴)」や「座浴(お尻の入浴)」などがよく行われます。

お風呂に入るのほうが手っ取り早くて、きれいになるのですけど、患者様が「お風呂嫌い。入らない(拒否)」とか、

上半身にケガをしていて水に濡らせないとか、

心臓病が悪すぎてお湯に浸かると負担が大きいのでダメとか、

医療現場では、いろいろ理由があって足浴したりします。

高齢の方は、単に「めんどくさい」という理由の方もいらっしゃいます(^_^;)

病気の方でなくても、足浴は健康に良いのでおすすめ❣

特に、冷え性の方は毎日でもやってほしい✨

私も時々しますけど、めちゃ気持ちいいですョ😉

では、気になる効果は❓

足浴の効果

具体的な足浴の効果について説明していきますネ。

①足をきれいにして(保清)、感染症を防ぐ

足をお湯につけて石鹸んで洗いますので、清潔になります。バイキンが繁殖するのを防ぐので感染症予防になります。キズがある場合などは、毎日石鹸洗浄して感染することを予防します。

②血行を良くする、血流障害を予防・改善する。

足は、心臓から一番遠くにありますので、血流が一番悪くなりやすい場所です。足を足浴で温めると、全身の血行も良くなるので疲れが取れます。

また、老廃物の排泄がスムーズになるので、むくみ改善にも役立ちます。

筋肉痛は、乳酸という物質がが滞っている状態なのですが、これも素早く体外に出していくことで早く改善します。

③リラックス効果・睡眠障害改善効果

足を温めることで、筋肉の疲れが和らぎます。痛みがある場合、痛みの軽減・緩和にもなります。

全身の血行が良くなることで、副交感神経が優位になるので、リラックスできるようになり、睡眠促進効果があります。

体が軽くなり気分が良くなるので、爽快感を感じられます。

④鼻水・鼻詰まり解消

足浴することで、全身が温まり毛細血管が広がるので、鼻水・鼻詰まりが解消されるとテレビでやっていました😄

さて、それではいよいよどうやってやるか、方法ですね。

足浴をする(効果的な方法)

難しく考えずにやりましょう。基本は、【足をお湯につける】。これだけです😄

【準備するもの】
⭐バケツ or たらい(足浴用でなくてもOK)
⭐お湯(目安は、40〜42℃)
⭐タオル(拭き取り用)
⭐新聞紙 or レジャーシート(床が濡れないように)
⭐保湿剤(なんでもいいです。例:ニベアクリーム)
⭐石鹸 or ボディシャンプー(手洗い石鹸は刺激が強いので避けます)
⭐かけ湯用ペットボトル

【では、実際にやってみましょう】

①しばらく動けない状態になるので、おトイレを済ませたほうがいいかもしれません。

②足を露出しますから、あまり寒くないように、室温22〜24℃くらいがいいでしょう。

③座り心地がいい状態に体の向きなどを整えます。(寝た状態でもできます)

④床に新聞紙を敷いて、お湯を入れたバケツを置きます。

⑤足をお湯に入れて、温めます。時間は、状態を見ながら決めます。疲れやすい方なら、短時間で、気持ちいいというのでしたら長めでも大丈夫です。

⑥片足ずつ持ち上げて石鹸で洗います。(持ち上げすぎると床がぬれますから、お湯からすれすれくらいの高さまで)石鹸をつけすぎるとすすぎが大変なので、少量で大丈夫。

かかとや指の間に汚れが溜まっていることが多いので、丁寧に洗います。

⑦足をバケツに戻してから、もう片方を⑥のように洗ってバケツに戻します。これで、両足を洗い終えました。

⑧片足を持ち上げて、ペットボトルに入れたお湯でかけ湯をしたら、タオルで拭いてバケツの外に足を置きます。

⑨もう片方の足も⑧同様に行ったら、バケツは邪魔にならないところへ移動します。

⑩足の水分をしっかり拭き取ってから、保湿クリームを塗ります。この時、心臓に向かってマッサージするように塗ると、血行が更に改善され気持ちいいですし、むくみも改善します。

以上。

いろいろ書いちゃいましたが、結局、基本は、【お湯につける】です。

最初は、石鹸で洗わないで、ほんとにお湯につけるだけでもいいと思います。それだけでも、かなりの爽快感が味わえます😄

洗い終わって、足が温まったときに、指を動かす運動をするとなお一層血行がよくなります。

私が良くやるのは、「足首回し」と「あしゆびグーチョキパー」。うまくできなくてもいいんです。動かそうという行為自体が脳神経を刺激します。

ご自身でできないようなら、お手伝いして、あしゆびを開いたり、閉じたりしてあげてください。人にやってもらっても効果はあります。

【おすすめの一品】

折りたたみ式足浴器・バブルジェット付・保温付

 

足浴をするときの注意点

⭐疲れないように、顔色や表情を見ながら行います。「疲れませんか?」「痛くないですか?」などと、声をかけながら行いましょう。

⭐時間は、最初から最後まで15〜20分くらいが目安です。

⭐食後は避けましょう。

⭐お話をしながら、和やかな雰囲気作りを心がけましょう。

⭐気負わずに、介護する方も笑顔で、リラックス😄

⭐足浴後は、冷めないうちに靴下などはいて保温しましょう。

 

まとめ

⭐足浴には、心も体も気持ちよくなるメリットがたくさんあります。

⭐良いコミュニケーションが取れる時間です。

⭐気負わず、リラックスして行いましょう。

ということで、今回は【足浴】についてお話しました。

ぜひ、ご自身もやってみて、爽快感を体感してみてくださいね😉

お読みくださりありがとうございました。感謝❤

Have A Good Time❣

キラキラ✨絶好調でいきましょう⤴♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA